<   2006年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

まんぷく

堀江の「BECCA」でカラーリングしてもらってたら

…と、どこぞで見た書き出しやな。
そう、それで『SAVVY』をパラパラとめくっていたら
発見したノダ。

何を?って、
台湾料理店、という文字と
おいしそ〜うなモツ鍋の写真を!

「近くやん、ええ〜っ?どこどこ?」
「あ、私が自転車とめてるビルの奥みたいです、すぐそこの…」
って、アシスタントちゃん。

で、カラーリングとカットを終え、
さっそく相方を誘って行ってみました。
おおっ、こんなとこに、こんな店があったのね。

コンクリートの床に昔っぽいキッチュなテーブルを並べ、
台湾大衆食堂堀江バージョン、って感じか。
ラーメン好きの相方は、迷わず「ラーメン、麺かため!」
私は好奇心満開で「魯肉飯!」

わくわくしながら待つことしばし、
きました、きました…
透明スープにミンチと煮タマゴののった台湾ラーメン。
私の前にはドドーンと角煮2枚に煮タマゴ、高菜ののった魯肉飯。

八角のきいたトロトロ角煮が、おいしかったこと…
まんぷくじゃ。
a0052889_2071189.jpg
魯肉飯の奥にチラっと見えるのは、味噌ダレで食べる餃子。

堀江にお越しの折は、ぜひお立ち寄りくだされ。
「台湾料理 七福星」北堀江1-10-2 都市開発ビル1F奥
[PR]
by trek-yumi | 2006-03-29 20:27 | おいしい

だーれだ          

a0052889_0312848.jpg

さて、ワタシハダレデショウ…

実はとてもとても美味、だけど
食べ頃がむつかしい。

種はまるく大っきい。
そのまま捨てるのは忍びなく、
水栽培の容器に入れたら、
あるとき種がふたつに割れて。

そこから芽が出てきた。
(十戒の海が割れるシーンのようやった…んなわけないか〉

もう結構長いこと、うちのキッチンにいてる。
いと、元気。

彼女は〈…女子やったんか?〉8枚目の葉っぱ。
なんやら、若葉が出るたび愛おしい。

a0052889_1145065.jpg

[PR]
by trek-yumi | 2006-03-29 01:18 | うれしい

きまぐれ

a0052889_0461313.jpg
a0052889_0462727.jpg

いつも、きまぐれや、思いつき。

ホウレンソウが挑発するもんだから、さっとゆがいて、
しなしなに炒めたタマネギとあわせて。

トルティーヤの焼いた生地があったので、
それをパイ生地の代わりに敷き
ホウレンソウとタマネギを入れ
卵+豆乳+チーズを混ぜて流し入れる。

最後にチーズと、食感を出すためにパン粉を振り入れて、
オーブンへ。

ちょっとあっさりめのキッシュ風。
私の料理には、名前もなくて、
しかも、同じものはたぶん二度と作れないんだけど。
[PR]
by trek-yumi | 2006-03-27 01:07 | おいしい

ふしぎのくにの

「不思議の国のアリス」のお話だったと思うけど、

    なんでもない日おめでとう!

って、ウサギたちがお祝いしてるシーンが、あった。


私もつい1週間ほど前に、おめでとうを言ってもらった、いろんな人に。
あ、ありがとう。
なんか、照れくさい。

1年に1度くらいなら、照れくささにも耐えられる。
だから誕生日は、年に1回きりしか来ないのかも。

物語の中でアリスが会ったウサギたちが、なぜ
なんでもない日、をお祝いしてたかっていうと
なんでもない日、なら、年に364日もあるから
なんでもない日、をお祝いすれば、1年間にたった1日をのぞいて騒げる
と思ったみたい。

考えたね、ウサギくんたち。
でも。
特別な日にいろんな人からもらうあったかい心は、そりゃ格別よ。
ウフフ…
a0052889_5424897.jpg

[PR]
by trek-yumi | 2006-03-25 05:45

うらまき           06.03.24.

a0052889_17142832.jpg
卵料理が好き、食べるのも、作るのも。

だし巻き、オムレツ、ゆで卵、ポーチドエッグ、温泉卵…
ポーチドエッグはうまくまとまらない。
温泉卵は作れないけど、おいしいなぁ。

オムライスも、息子のリクエストでよく作る。
いっときまで、炒めたごはんにトマトピューレや
ケチャップを混ぜてたんだけど、
焦げるし、べたつくし、なんか気に入らん。
あるとき、「ソース(トマト味の)を作った中へごはんを混ぜる」
というのを何かで知った。そうかぁ、手順前後。
それから、気持ちよく作れるようになった。
卵は、表巻きと裏巻きがあるけど、私は裏巻きが好きやな。

外でも、ときどき食べる。
北堀江の北極星、南堀江の明治軒、
天保山のオーションビューのは、びっくりするほど大きいけど美味!


今日は仕事先の奈良のカフェで、ランチにオムライス。
一見の店なので期待してへんかったけど、結構おいしかった。
まんまるで、オムライスというよりお好焼きのような外見やったけど。

じつは昨日と今日、某ショウルームにてスタッフレディの研修ヘルプ。
ロープレ、つまりロールプレイング研修というやつで、
スタッフレディとお客さんごっこをするわけ。
私は60代の主婦になったり、30代で新築を考えてる男性になったり…。
お客さん役でショウルームを見学しながらいろいろ質問する。
さすがにコスプレはせぇへんけど(笑)、気分だけ変身。
卵の表巻き、裏巻きみたいにね。
[PR]
by trek-yumi | 2006-03-24 01:03 | おいしい

やくとく        06.03.23

a0052889_125197.jpg

今朝の続き。

撮影には、料理のカットも…。

プロヴァンスプリントのテーブルクロスに並ぶのは、
「モッツァレラチーズ詰めイカのソテー」
       &
「山羊のチーズとタイムのタルト」


ヤリイカのワタを抜き、モッツァレラチーズ、
パン粉、フレッシュバジル、アンチョビペースト、
ブラックオリーブペーストを詰めて、
オリーブの枝で止め、オリーブオイルで両面をソテーする。

もう一品は、山羊のチーズと生クリーム、ミルク、卵、オリーブオイル、
こまかく刻んだフレッシュタイムをよく混ぜ、
タルト型にパイ生地を敷いたところへ流し入れ、
さらにたっぷりのタイムを散らして、180度のオーブンで30分焼く。


風味の異なるチーズの微妙なバランスに刺激される、おいしい料理たち。
撮影が終わった後は、別カットで撮影した白ワインを抜いて
私たちのオナカへ…ごちそうさま!

ま、たまには、こんな役得も。ね。
それにしても、なんてカタカナの多いレシピだこと!
[PR]
by trek-yumi | 2006-03-23 01:09 | おいしい

ぺいんたー      06.03.21

a0052889_91665.jpg

昨日はお彼岸、
罰当たりな私は、お墓参りにも行かず、
早朝の飛行機で東京へ。

某機関誌の撮影と取材で
ガーデニングの先生のアトリエ兼自宅を訪ねる。
レギュラーなので、先生もフォトグラファーもディレクターも顔馴染み。
和やかな雰囲気で仕事がすすむ。

今回は夏号の制作で、テーマは「プロヴァンスの庭」
なんのこっちゃ、って?

私は取材をしながら、撮影に立ち会い、仕込みの手伝いも。
オリーブやラベンダー、ゼラニウムを植え込む大きな2つの樽に、
急遽ペンキを塗ることに。

はい、というわけで、ハイヒール姿でペンキ塗り。
思わぬ、のどかな早春のひとときでした。
[PR]
by trek-yumi | 2006-03-22 09:01

げんきょう     06.03.17.

父はまったくの下戸だ。
数年前、母と二人で出かけた温泉宿で、晩のお膳に酒がついてきた。
舐める程度に少し口にしたらしいが、翌日、
顔は青ざめ、食欲はなく、吐き気がして、頭痛もして。
そりゃあ、大変だったと、後日 母からきいた。

「それ、二日酔いやん」と言うと、
母は「あ、そうなの?」と、少し安心したように言う。
えっ? いい歳をして、二人とも二日酔いとも気づかず、
病気か食あたりか、と本気で心配してたわけ?
というより、酒をひとくち舐めただけで、二日酔いってか…。

そんな父なのに、私が高校生だったころは、ときどき
風呂上がりにビールの栓を抜き、ほんの一口だけをおいしそうに飲み、
残りの大半を、当たり前のことみたいに私の前に押しやる。
おかげで(?)酒に慣れました。
ちなみに、父の職業は教師です。
未成年の娘に酒をすすめた話も、もう時効でしょう。

親子で酒を酌み交わす、という夢は私の場合、
高校生で終わり。
お饅頭をうれしそうに頬張る爺も、よしとするか。
a0052889_2164369.jpg
元凶
[PR]
by trek-yumi | 2006-03-17 02:23

べびいだった          06.03.14.

きのうのベビー服に触発されて、古い写真をひらいてみた。
わが愚息の、まだあどけなく、かいらしかった頃の。

いまやその面影は、無愛想な髭面の奥に影をひそめ、
やたらデカイ靴が玄関を占領する。

小っちゃな子どものいる皆さん、
猫っ可愛がりしとくなら、知恵がつく前ですぞ。
a0052889_15514412.jpg
こんな古〜い写真を引っぱり出しアップしてゴメンナサイ

で、石マニアの皆さんお気づきになりましたか?
モニター左上に鎮座まします黒い影に…
[PR]
by trek-yumi | 2006-03-14 16:13

べびい          06.03 .14 .

子供服というものを、久々に買った。

親しい知り合いに、ふたりめの赤ちゃんが誕生。
まだ会いに行ってはいないのだけど、顔を見るのが楽しみ、楽しみ。

久しく小ちゃな子どもに接していないと、サイズの感覚が掴めない。
抱いたときの重さや、ぬくさ、やわらかさ、匂いとか、
そういうのはからだにズンと残ってるのに、
数値化されたものは、こうもスッパリ忘れてしまうものなんか。

まだ見ぬSちゃんを想い、
これにしようか、あれがいいかと迷う、迷う。

いまの私には暗号のようにしか見えないサイズ表示を、
ショップのスタッフに解読してもらい、
よ・う・や・く。

お祝いの包みを抱えての帰路に、
甘酸っぱい匂いが、アタマの芯から。耳のへん。
そこから鼻孔へひろがって。
a0052889_2455184.jpg

身長90センチは1歳児用、
身長が95センチになると、2歳児なんだそうだ。
この5センチの差は?
[PR]
by trek-yumi | 2006-03-14 02:51 | goods