<   2006年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

もこもこ         06.01.30.

春の気配を感じさせる、もこもこ。
茶色の帽子を脱ぎ捨てたばかりの、誇らしげなもこもこ。

双子葉植物離弁花落葉低木ヤナギ科ヤナギ属ネコヤナギ、
学名はSalix gracilistyla、
なんて読むかは知らないけれど。

陽の射さない旅館の廊下に飾られていたけれど、
そこだけ春のけはい。
a0052889_21334493.jpg

[PR]
by trek-yumi | 2006-01-30 21:35

さざんかさく       06.01.29.

建築家の取材で、空堀にある「練」へ。
築100年、移築後80年というお屋敷に手を入れて、
5年ほど前から複合ショップスペースとなっている。

人ごみの心斎橋から自転車でものの5分ほど。
そこに足を踏み入れると、年月を重ねた木造建築の
そのあたたかみに抱かれて、なんだか不思議な気持ち。

門扉をくぐったすぐそこに、山茶花が溢れるほどの花をつけていた。
取材後の雑談によれば、もともとお屋敷にあった山茶花なのだけど、
前は花は咲いていなかったという。
「淀んでいてね、それで裏の板壁を抜いて風を通したんです」
そうしたら、花が咲くようになったんだそう。

花を咲かす為に風を通したわけじゃないだろうが、
屋敷の庭に風の道をつくったら、
いつの間にか、近所の人も通り抜けるようになり、
そうして木も花をつけた。

はじまりは、
風の道。
a0052889_2343851.jpg

[PR]
by trek-yumi | 2006-01-29 23:44

めっけー2           06.01.28.

手抜きといわれそうだけど、またまた道端で「めっけー」
葉ボタン三姉妹でゴザイマス。

“トリオ”というカテゴリー作っちゃいました。
(横浜本部、京都支部、よろしく〜。もちろん他の支部も大歓迎!)
a0052889_22458100.jpg

[PR]
by trek-yumi | 2006-01-28 22:06 | トリオ

めっけー            06.01.23.

道を歩いてると、予想もしないいろんなものに出会う。それが楽しい。

きょうは何を見つけられるかしらん、と
歩いてるときはもちろん、自転車でも、クルマを運転してるときでさえ、
私のふたつの目は、たえず上下左右遠近に移動している。

これは、ひとつには職業病でもあるかもしれない。
それとも、元来の好奇心か。

いつもキョロキョロしてるから、しょっちゅう怪我をする。
遠くに気をとられてて、目の前のものが見えずアタマをぶつけたりとか。
こういう子どもみたいなことは、いいかげんにしておかないと、
そのうち本当に痛い目にあう、と思う。

で、性懲りもなく、きのう道端で見つけたサボテンの親子三代。
いや、三兄弟かな。
a0052889_20411790.jpg

[PR]
by trek-yumi | 2006-01-23 20:42 | トリオ

かどで          06.01.21.

あした、って書いたのに書き込みサボっちゃいました。ごめんなさい。
いろんな答えをコメントしてくれて、ありがとう。

種明かしは、こちら。
赤ちゃんのときからよ〜く知ってる子が、成人式だったの。
彼女のママは外国人なので、その民族衣装を着るのかな、と思ってたら
「振り袖が着たい」と、自分であちこち探して借りてきた。
a0052889_19431624.jpg
どんな帯結びにしようかと、お正月に遊びに来たときにいろいろ写真を見せて、その中から彼女が選んだのが、これ。

「門出」という名の創作結び。

成人式の当日は朝7時にわが家へ。ちょうど、お日さんが昇ってきて、娘のような彼女とふたりで日の出を眺め、「門出」を結んであげたのでした。

自分で選んできた赤い着物と金色の帯がとってもよく似合って、ほんとうに可愛かった。


彼女は昨年、家族のひとりと寂しい別れがあって、
この姿を見せてあげたかったなぁ…と、しみじみしてしまったのです。

式の前に仲のいい友だちと数人でリムジンをチャーターしたのだと、
喜んで出かけていった彼女を見送って、すごく嬉しかった。


その日、私は東京へ出張で、翌日帰阪の新幹線車中から、
夕陽が沈むのを見た。
二日続けて日の出と日の入りを見られて、ことしはいい年になるかも。
なんて。

しあわせな気持ちって、たくさんに膨らんでもどってくるんだね。
a0052889_20038100.jpg

[PR]
by trek-yumi | 2006-01-21 20:12 | うれしい

めでた         06.01.19

石も大好きだけど、これも私の好きなもの。
いつもより、ちょっと華やか。

これもちょっとタイムラグがあるけれど、
先日、ちょっとうれしい用事で早起きをした。
そのときの写真。

種明かしはあした。
うれしい話も、あしたに。
a0052889_20464815.jpg

[PR]
by trek-yumi | 2006-01-19 20:43

ひとつずつ         06.01.17

きのうの写真の正体は、これ。

コメント書き込んでくれたふたりの回答どおり、「石」
WAKOがブログで石の話してたけど、
私も石をひとつずつ拾ってくる。
きのうのは、だいぶ前のんで、
木津川だったか、日置川だったかの川原の石。
握り具合がちょうどいいので、デスクに置いてときどき握る。
WAKOんちでもらった熊野の石は、家で握ってる。

山のときは、たいがい木っ端を拾う。
右奥のツルツルしたのは、大台ケ原で。
手前の黒っぽいのんは、岡山の星山。
木っ端や流木は握りにくいので、眺めるだけ。

100歳くらいまで生きたら、家じゅうが石や木っ端だらけになるかな。
a0052889_1921958.jpg

その前の「もこもこ」はシュークリームでした。
レ・グランという、チョコケーキのものすごくおいしいお店のシュー。
心斎橋そごうの地下にあるので、スイーツに目がない人は行ってみて。
[PR]
by trek-yumi | 2006-01-17 19:03 | 自然石クラブ

ごろごろ           06.01.16.

もこもこ、だの。
ごろごろ、だの。
絵本じゃあるまいし、

という声が聞こえそうだけど。
では、これはなんでしょう。

なんかブログの性格ちがってきたけど、
お調子のりなので、第三段。
カンタンなのでヒントはないよ。
a0052889_21216.jpg

[PR]
by trek-yumi | 2006-01-16 21:02 | 自然石クラブ

もこもこ         06.01.15.

お月さんが「つの虫」にみえた、と、
友人が書き込みしてくれたので、
調子にのって。きょうはこれ、
なにに見えるかな。
ヒントは「セカイイチ…」(H嬢特許形容詞による)ですが、
わかるかな。

PS. H嬢特許形容詞「セカイイチ」はかなり多く存在するので
ヒントにはならん、かも。
a0052889_15202341.jpg

[PR]
by trek-yumi | 2006-01-15 15:30 | おいしい

さんばんめのめ         06.01.14.

真実をみる目は、額の目と目のあいだに縦に開いている
と、きいたことがある。
第三の目、というのか、仏さんなんかがそういう目をもってるのか。
もし三番目の目をもっていても、仮に四番目や五番目までもっていても、
私なんかにみえるものは、いまとそう変わりはないように思う。
それより、五官と違うとこで感じることが、誰にもあるんやないか。
そんな、とりとめのなさそうなことを、飲みながら喋るのがいいな。
結論も結果もでない、どこまでもグルグルするはなし。

この月は、京都の某所でみつけて撮った。縦じゃないふたつの目でね。
a0052889_2003989.jpg

[PR]
by trek-yumi | 2006-01-14 20:16 | ひかり