<   2005年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ほーきふり         05.11.26.

げんとうかい、幻燈会。
東欧フリークのお店「チャルカ」で、きのうから始まった。

ハンガリーの家庭で手まわしで投影される、ディアフィルム。
いわば映写型紙芝居、みたいなもので。
素朴でなつかしい空気に満ちている。

いつもは大人ばっかりの店内に、今宵ばかりは
子どもたちの声が跳ねている。
子どもたちの放つあったかい匂いと、チャイの匂い。

チャルカのパティシエ宮本(シェフの一人でもあるが)が
ハンガリーで仕込んできたという
ホーキフリ(雪の三日月)というお菓子が、
わたしたちを遠い東欧の田舎へ、
そして子どもだった頃へと連れていってくれる。

………場所と時間を飛び越える魔法。
a0052889_2172490.jpg

[PR]
by trek-yumi | 2005-11-26 21:27 | おいしい

ろかとあろえ         05.11.25.

食器フェチである。
とくに豆皿とか、そば猪口とか、ワンショットグラスとか、
そういう、ちょこまかした器に、
呼び止められて身動きできなくなってしまう。

わたしの大好きな店「ロカ」の食器棚は、だから、
むろん大好きなのです。
カウンター席の前面に、だだーんと、でっかい棚がお披露目。

あの器には、今日はどんな和え物が入れられてくるのかな。
この小っちゃなキャセロールみたいなのは、
香りのいいカレーで満たされるんだろな。
…そんなこんなを想像しながら、ごはんを待つ。これが至福のひととき。


やさしくて、あたたかくて、おいしいロカのごはんを食べて
外に出たら、こんな可愛い花に呼び止められた。
アロエからニョキッって伸びてたんだけど、
やっぱりアロエの花かしらん。

花が咲くなんて、知らなかったなぁ。

a0052889_23115641.jpg

a0052889_23121231.jpg

[PR]
by trek-yumi | 2005-11-25 23:17

みえるもの         05.11.23.

窓から通天閣がみえる。
ベランダに出れば、運河もみえる。
ビルや公園や街並みも、みえる。

いつも目にしている風景。
なんの不思議もない、風景。

でも、本当にそこに在るんだろか、と。
そう思った刹那、通天閣が、運河が、街並みが、
見知らぬクニの見知らぬモノになる。

みえたつもりは、見えていないモノ。
いつも、目の前に現れるのは
不思議なクニの解読不能な風景。

だから、退屈することがないんだよ。
a0052889_0524184.jpg

[PR]
by trek-yumi | 2005-11-23 00:58

ちゅうづり           05.11.14.

芝居を観てるときって、こんなふうに、
ぼわぁん、と、焦点がぼやけたまま
夢と現の境界線に宙づりなのかも、しれない。

自分のことなのか他人事か、よぉく判らないまま。
現生なのか前世のことだったか、朧なまま。

でも、この感覚って芝居に限らへんな、
現実のように見えてること。
事実やと思い込んでること。
真実に違いないと錯覚してること。

みんなほんとうは、ぼわぁん。
まあ、そんなもん。

土曜の昼の松竹座。
藤山直美さんのお姫さんが頭上を宙づりで消えました。
気の合う友だちと二人、
幕間にいただいたお弁当と麦般若が、おいしゅうございました。
a0052889_20241355.jpg

[PR]
by trek-yumi | 2005-11-14 20:49

でんせん         05.11.10.

友だちが二人、ブログをはじめた。それも偶然、同じ今日。
伝染するんかなぁ。
でも、楽しい伝染はどんどんするといいなぁ。

PCの前に座っていても、ちっとも独りじゃない。
一緒においしいもんを食べたり、杯を重ねたり、もいいけど、
こういうのもなかなか、さ。

方法はひとつじゃないほうがいい。
世間はたくさん持っているほうがおもしろい。

最近、そう思うんですけど。


で、写真は「堀江明治軒」のオムライスと串。
今日の話題とぜんぜん関係ないんだけど、ま、ありでしょ?
おいしいんだ、これが!
a0052889_14591790.jpg

[PR]
by trek-yumi | 2005-11-10 18:18 | おいしい

あさやけ         05.11.08.

週末、うちに泊まった友だちと、
朝まで喋ってた。

気づいたら、こんな朝焼け。
いろんなものが色をなくして、
冷蔵庫のキャンバスにシルエットを映す。

喋れる人が側にいることの、しあわせ。
a0052889_14424672.jpg
a0052889_22484195.jpg

[PR]
by trek-yumi | 2005-11-08 22:52 | ひかり

きみのやみ         05.11.03

堀江音楽祭、
11/2の夜は隣組のチャルカで、クラスのライブ。

チャンキー松本とトウヤマタケオのユニットに、
ラリーパパ&カーネギ−ママのTOMさんのベース。
3人の個性が炸裂の、それは楽しいライブでした。

音のことをいろいろ語る才も、ボキャブラリーも、
私にはないので、
ひとつだけ、とても印象的だったことを。

「きみの闇につながりたい」
っていう歌詞が、スコーンと落ちてきた。

それにしても、ほんま楽しかったわぁ。

a0052889_0374569.jpg

[PR]
by trek-yumi | 2005-11-04 00:37 | art

ぺんぎん         05.11.01.

ぺんぎんちゃんが、仕事場にやってきた。
名前は、まだない(猫ではない)。

知人に誘われて出かけたフリーマーケットで、
相方が一目惚れして連れてきた。
スタイリストさんたちの持ち物を放出!ということで、
よさげなモノがいろいろあったなか、
「それは出品者のイチオシよ」と、あとで知らされた。

仕事場の玄関先のこの場所には、
以前、ピンクの象さんが居た。
pink elephantって、酔っ払いって意味があると聞いて、
彼に“セルジュ”という名をつけてた。
ゲンズブールって、いつも酔っぱらってたイメージがあったから。

本物のゲンズブールも'91に亡くなったけれど、
象のセルジュくんも鼻がヨレヨレになってきて、
バンダナを巻いたりしてしのいだものの、
ついに数年前に成仏したのでした。

その後、張り子の猫くんが仮住まいの後、
ぺんぎんちゃんがおいでになった、という訳です。
(猫くんは仮住まい好きで、現在は本棚の屋上に転居)

仕事場の住人の話を、長々と聞いてくださってありがとう。
ちなみに、このぺんぎんちゃん、
木をくりぬいてペイントしてあるようで、ヘビー級なのです。
お越しの節は、ぜひハグしてやってください。
a0052889_1302695.jpg

[PR]
by trek-yumi | 2005-11-01 14:24 | goods