カテゴリ:ひかり( 10 )

ゆうぐれ        06.09.07          

a0052889_17113564.jpg

うちの玄関側から見ると、こんな感じ。
夕暮れの空に、箒で掃いたような、色の跡…


ここしばらく仕事が暇で、ぼんやりしてたけど、
明日は久々に東京取材。

帰りに途中下車して、実家のお墓参りしてこようかな。
[PR]
by trek-yumi | 2006-09-07 17:16 | ひかり

みどり もゆ           06.05.22

おとといから前泊で山梨へ取材。
甲府を訪れるのは初めて。

大阪から、品川〜新宿経由で中央線に乗継ぎ約4時間半。
夕方に出て、甲府駅に着いたのは午後8時半、
駅裏の、これまたレトロなビジネスホテルに女3人で宿泊。
旅情を誘う為に(?)わざわざ此処を探したんかい、というような
いまどき珍しいホテルで。
a0052889_14172762.jpg


翌朝は快晴、なんと5時半には目が覚めて。
カメラマンさんの車に同乗させてもらい、南アルプス市の、とあるお宅へ。
失礼ながら「南アルプス」という市があることも、初めて知った。

緑の美しいお庭で、素敵なご夫妻に取材させていただき、
夕刻まで光の変化を追いながら撮影を続けて。
a0052889_14184768.jpg

帰路は、甲府から塩尻へ、そこから中央西線とやらに乗換えて、
中津川〜恵那を経て、名古屋から新幹線で大阪へ。
こちらも往路と同じく4時間半。
ちょとした小旅行で、ちょっと気圧酔い。

富士山と、八ヶ岳にも挨拶できて、
でも、さすがにちょっと疲れたな。
a0052889_1420191.jpg
薄桃色のエゴノキ

a0052889_14212863.jpg
       オオヤマレンゲ
[PR]
by trek-yumi | 2006-05-22 14:54 | ひかり

おはよう       06.03.08.

たまに早起きすると、外はこんな空。

二日続けて、仕事で滋賀へ。
朝焼け見ると、一日中ちょっといい気分。
毎朝見てる人もいるんだろうな、えらいな〜、とか思いつつ、
わたしはダメ。怠け者すぎるから早起きが続くとナメクジみたいに
とけちゃう。

だけど、朝の空はどうして、こんなに色彩にあふれてるんだろう。
a0052889_259161.jpg

[PR]
by trek-yumi | 2006-03-08 03:01 | ひかり

れでぃす       06.03.04.                  

お雛さんが、過ぎてもうた。

ちらし寿司も、はまぐりのお吸い物も、食べてない。
雛あられも、白酒も。
桃の花だって飾ってない、いやそれ以前に、雛飾りや。

もう何年も雛飾りを出していない。
お雛さんに、とっても可哀想なことしてるなぁ、

幼いころ、けっして裕福ではなかった両親は、
それでも無理をして、毎年一段ずつお雛さんを揃えてくれた。
子どもながらに、私は申し訳なくなって、
四年目に「もういいよ」といった。
だから私のお雛さんは、お内裏さまと、三人官女、五人囃子まで。

右大臣 左大臣も、桜と橘も、牛車も、箪笥、長持もない。
雛壇は父の手づくりで、毛氈代わりの赤い布は母の手縫い。

大人になってからは、三人官女と五人囃子を省略して、
お内裏さまだけを飾った。
それも、ここ何年かはご無礼してる。

来年は一月くらいから早々と飾ってみようかなぁ。
a0052889_2202066.jpg

[PR]
by trek-yumi | 2006-03-04 02:23 | ひかり

じゃねん         06.02.21.

笑われるかも知れないけど、
私はいい齡をして、最近まで、
人は良心のうえに生きている、と思い込んでいた。つまり、
人に騙されるとか、とんでもない目に遭ったことがなかったというか。

だけどあるきっかけで、少し“オトナ”になった。
人のなかには良心だけじゃなく、悪意、邪悪、邪念の類いが存在する。

きょうは四天王寺さんでお大師さんの市があり、
着付を教えてるチャルカのスタッフの面々と
古い着物なんかを見に行った。
そこで、まったく知らない初老の男性に
悪意に満ちた言葉を投げられた、しかも別の輩に二回にわたって。

なんで?
なんぞという問いは、無効なんだなと。
私のなかに潜む邪念が、彼らの悪意を引き出したのか、
それとも、すさんだオジサンたちは、
向ける相手を見失った悪意に潰されそうになっていて、
たまたま通りすがりの私のほうへ吐き出されただけ、
ただ、それだけなんだろう。
でも、きょうはそのせいで、心がずっとザラザラしてる。


先日から報道されてる幼児二人の悲しい事件で、
人間関係や原因をめぐって、識者といわれる人たちが
いろんな仮説や意見を並べ立てているけれど、
私が感じたのは、ただ
あの凶行を犯した女性が邪悪にすべてを支配されていた、と。

邪悪や邪念の前には、事実も真実もないように思える。
そうやって、人の心が傷めつけられ続ける。
a0052889_19303620.jpg

[PR]
by trek-yumi | 2006-02-21 19:15 | ひかり

さんばんめのめ         06.01.14.

真実をみる目は、額の目と目のあいだに縦に開いている
と、きいたことがある。
第三の目、というのか、仏さんなんかがそういう目をもってるのか。
もし三番目の目をもっていても、仮に四番目や五番目までもっていても、
私なんかにみえるものは、いまとそう変わりはないように思う。
それより、五官と違うとこで感じることが、誰にもあるんやないか。
そんな、とりとめのなさそうなことを、飲みながら喋るのがいいな。
結論も結果もでない、どこまでもグルグルするはなし。

この月は、京都の某所でみつけて撮った。縦じゃないふたつの目でね。
a0052889_2003989.jpg

[PR]
by trek-yumi | 2006-01-14 20:16 | ひかり

げんかんのやみ        05.12.26.

少々タイムラグがあるが、「春日若宮おん祭」のはなしを。

奈良の都で平安末期から続けられてきた例祭で、
春日大社の若宮さまが、年に一度だけ里におりてお遊びになる、
その儀式に我々が立ちあわせていただく。
端折っていうとそういうもの。
途切れることなく八百七十回というから、
日本の伝統も捨てたもんじゃない。

十二月十七日午前零時、
若宮さまは神官たちに守られて、
本殿より御旅所(おたびしょ)へうつられる。
闇の中、先導する神官の手にした松明が参道に結界を印していく。
若宮の通られたあとについて、俗界の人間どもが結界の中に立ち入り、
ぞろぞろと御旅所までついてゆく。

御旅所では、お酒やら食べものやらお供えし、
雅楽や舞で若宮をもてなして、
そういうことが延々深夜の二時まで続けられるのだ。
厳寒の闇で行われるこの祭に魅かれて
私は3年間通いつめている。(僅か870分の3だが)


闇に乗じて、という言い方は、悪しき所業に使われるが、
明らかにしないことの真、というか、美というか、
そういうものが確かに存在すると私は信じている。

明るみに晒してしまってはいけないものが、
この世にも、あの世にも、ひとつやふたつはあるのだ。
a0052889_16205675.jpg
a0052889_16354959.jpg

[PR]
by trek-yumi | 2005-12-26 16:35 | ひかり

げいしゅんか       05.12.15.         

春というには、ちと気が早いけど。

きのうガーデニングの撮影と取材があった。
外は木枯らしが吹いてるのに。

広告業をナリワイにしてると、よくあることで、
真夏の炎天下に、いと涼しげなシーンを撮ったり、
クリスマスソングが街に流れてるのに、菱餅を調達したり…。

だけど春の先取りはなんだか嬉しくって、いいなぁ。
レースのカーテン越しに陽射しをうける春の花々、
ラナンキュラス、チューリップ、ヒヤシンス、ムスカリ…。

「迎春花」って辞書で引いたら、オウバイの漢名とあった。
みんなは「春を迎える花」って、なにを真っ先にイメージする?
わたしはアネモネ…かなぁ。
植木鉢に咲いてた真っ赤なアネモネ。芯のところが黒くって。
小っちゃなころの視覚の記憶。

そうそう、きのうは撮影用のハーブもたくさん植えたので、
部屋の中もわたしたちの指先も、とてもいい匂いがした。
a0052889_19511428.jpg

[PR]
by trek-yumi | 2005-12-15 19:56 | ひかり

しんぶつこんざい       05.12.07.

きのう、クリスマスの街が好きじゃないと書いたので、
きょうは情緒ある風景を選んでみた。

法善寺の水掛け不動さんのよこの神さん。

不動明王と神さんが仲良う並んではる。
あっちで静かに手を合せ、
こっちで二拝二拍手一拝…。

先日、米国人を京都へ案内したとき、
Templeでは手を合せるだけ、
Shinto Shrineでは手を叩くんだよと身振りで伝えたら、
怪訝な顔をしてた。
そりゃ、そうだろ。

日本人は皆、仏教徒かとも聞かれた。
う〜ん、いちおう仏教徒が多いけど、信仰をもっているかというと
そうでもない。
お正月には多くの人が初詣でを慣例とし、
あろうことか、クリスマスまで祝う。
こんな曖昧さは、キリスト教徒やユダヤ教徒には理解し難いだろうな。

でも、このちょっとルーズな、
神も仏もなんでもありよ、という感覚がいい。

はっきり意思表示したり、議論を戦わせるのはもちろん必要だけど、
なんか大いなる勘違いをしてる人が多いと感じるのは、私だけか。
日本特有の曖昧さを、愛おしく感じてはいけないのか。
相手の非を炙り出しシロクロつけようと息巻いてる輩に、
そこんところを聞いてみたい。

a0052889_16184467.jpg

[PR]
by trek-yumi | 2005-12-07 16:13 | ひかり

あさやけ         05.11.08.

週末、うちに泊まった友だちと、
朝まで喋ってた。

気づいたら、こんな朝焼け。
いろんなものが色をなくして、
冷蔵庫のキャンバスにシルエットを映す。

喋れる人が側にいることの、しあわせ。
a0052889_14424672.jpg
a0052889_22484195.jpg

[PR]
by trek-yumi | 2005-11-08 22:52 | ひかり